裁量労働制を批判するには

裁量労働制を軸とした法案を与党が提出しようとしていますが、いくら安倍政権が安定しているからと言って正直これは賛同できない感じのやつです。

いかに美尻句を並べようとどう考えても「定額働かせ放題」の流れになるもので、少なくとも給料もらって働いてるほとんどの層には損しかないからです。

さて、それを批判点と分かっている野党も流石に国会で突いており、今回に限り多少は応援したい気持ちもあったものですが……体たらくで政権を失ったどころか分裂、分裂した欠片の一つの支持率がゼロと言う彼らにはやはり荷が重いなあとも思っています。

法案を提出をやめないと決議に応じない的な事を言っていますが、長らく重要法案の数々でそう言う事をやらかし続けて支持を落としていったというのを忘れているんでしょうか?

反対する法案に対して野党が出来る最大の方法は、いつでも「その法案の中に自分の所の意見をねじ込む」なんです。

今回の裁量労働制で言えば、例えば法案に賛成する条件として条項を加えさせ、将来予想しうる定額働かせ放題を予め防ぎうるセーフティーを仕込んでおくとかのやり方がそれに当たります。

それ以外の方法では法案そのものにアクセスする事ができませんからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です